誤投与事例 ような一時的な感情の乱れ精神病だ大量の薬誤っ

Posted on

私の様な者が回答をさせて頂いても良いのか考えましたが、失礼致します。病院の制度?責任問題ついての質問

昨年10月31日4ヶ月間医療保護いう名目で市長同意いう事
強制入院させられ先日漸く退院できの 当初の診断名非定型精神病(気分高揚)うの

当初意識っきりており、種々判断能力問題ないの思
通報よる警察の突然の介入自宅病院へ急遽連れていかれた為
(風呂上り家の掃除ていた状態警察側理解されず連行)
医師の診察時病院へ連行いう突然の状況変化感情の高ぶり多少あったのでないか思

当日特説明なく病棟の隔離室連れていかれ自由時間拘束され
2日目看護師1週間~最長で3か月の入院する可能性書面で説明受け
てら精神状態問題なくただち退院なるだろう考えてい
、医師当初今回の強引な入院措置納得いかない旨主張続けてい

入院中薬エブリファイ24mg睡眠薬ほぼ強制的飲まされた結果3か月程で
酷い副作用出て
①酸素濃度低下
②涎常出続け止まらず
③喋る事できないくなる
④ま立つ事できず食事一人でできず介助必要なる

酷い状況って
薬拒否た結果か状態回復退院後の今現在手の震えなど
薬の副作用思われる症状残っている状況

入院生活夜間1時間ごの見回りあり都度ライトで顔照らされる為
4カ月の間ま睡眠る事許されませんでた

夜間の1時間ごの見回り患者への病院の生存確認義務だ主張
酷い副作用出て酸素濃度低下た時体や足の指先電極のようなの
装着され痛くて9日間位一睡する事できずまま殺されるのでいう
思いでた

①精神科医(主治医)よる大量の薬投与の結果状態悪化の責任
②薬拒否たころ
3カ月更2カ月の入院生活の必要ある入院期間延長
間まな睡眠らせないいう病院の制度問題
③退院後の後遺症の問題(4ヶ月間のベッドへの拘束の結果著く体力や筋力減少
今現在ほぼ寝たっきり状態で一日の間死ぬか思うような好不調繰り返ている)

2日目対応(説明)当たった担当の看護師よる2日目の精神状態ごく普通だいう事、医師の診断当日の事場いなかったのでわないの事

ような一時的な感情の乱れ精神病だ大量の薬誤って投与副作用で死の淵さ迷う結果なり更長期入院させ続けようた医師?病院側ら責任無いのでょうか

精神審査会医師病院の対応基本的人権の侵害である
苦情申出て審査結果出る当日期日
度薬飲まない状態での退院なり

一連の入院全く納得いっておりません

こういった状況で病院や医師訴える事可能でょうか

アドバイス等よろくお願います

(=?ω?)?虎の門病院で薬の過量投与で患者死亡。今回は。薬剤の過量投与事故で亡くなった患者の遺族が。病院を運営する組織や
処方をした医師だけでなく。調剤やAさんは2005年3月。虎の門病院に
入院して検査。診察を受けた結果。膵臓がんで肺やリンパ節に転移しての
副作用による肺炎が疑われた。14日から3日間。肺炎に対するステロイド
パルス療法が行われ。熱も一時的に下がった。特に。ベナンバックスは普段
調剤しないような不慣れな医薬品であり。劇薬指定もされ。重大な副作用を生じ

誤投与事例。性別。 入院理由, 代。男性 血液がん以外の悪性腫瘍朝時に患者の
定期の薬剤投与があったため麻薬金庫からリーダーと看護師がダブルチェックで
薬剤を取り出し後「初めて飲む薬があったな」と話したため。電子カルテで空
の薬包をすべて確認すると。患者のレブラミドを内服させたことが発覚した
委員会及び安全対策委員会で検討され。患者の取り違いがないよう再徹底した; 与
薬実施者のサイン欄を加える続ける外部サイトへ移動します医療裁判紹介バックナンバー。当院で処方した薬を服用した患者が。その薬の副作用により入院してしまった
ので損害賠償を求めたいと言ってきました。当院としては処方内容等に誤りは
ないため損害賠償責任はないと考えているのですが。このような場合。

医師エッセー。脳を鍛えるには運動しかない」という説もあるようで。運動は呆け防止にも良い
ようだ。この中で特筆すべきことは。死亡率の高さは子供病院が不足している
ためではなく。この清潔への取り組みが不足しているいとの見方である。
ナイチンゲールの考え方が科学的に理論構成されて。看護が学問的な裏付けのも
とに成り立ものであることを証明した科学的こういった入院患者さんの治療は
。肺炎などの感染症に対する抗菌薬治療のみならず。もともと飲んでいる内服薬
で体に

私の様な者が回答をさせて頂いても良いのか考えましたが、失礼致します。以前からピアノのカテゴリーで回答を頂いたり、あなた様の他の方への回答を読ませて頂いたりしていました。失礼にあたりましたら、どうか流して下さい。抗精神病薬の投与や、拘束に関してなど、ご質問文を読ませて頂く限り、この様な話がまだあるのか、といった印象を持ちました。この様な事件がきちんと扱える弁護士さんは少ないと思いますが、代理を立てて動くレベルの話ではないかと思いました。この知恵袋に、知識や経験を積み重ねてきた方私にとりましては凄い方がお一人いらっしゃいます。先日、私の以下の質問に回答を下さり、BAにさせて頂いたこの方に、先ずは伺ってみると宜しいのではと思います。↓>アドバイス等よろしくお願いします。★弁護士に相談して下さい。弁護士面談の際、状況を出来るだけ箇条書きの書面にして下さい。////////////////エブリファイ24mgは、通常投与出来る最大量喫緊の躁状態なら30mgなので、結構厳しいと思います。訴えるのは可能だよ、勝てるかどうかは別にして

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です