NHK高校講座 物理基礎

Posted on

間違えていたらごめんなさい。、、、 高校 物理基礎NHK高校講座。さらに,原子炉内で起こっている原子核分裂反応の原理についても考えます。
物理基礎監修。東京都立八王子東高等学校教諭 野口 禎久物理基礎。第編 序 単位, 次元, 有効数字, 科学的表記法 第編 物体の運動とエネルギー
第章 物体の運動 位置, 変位, 距離, -グラフ, 速度, -グラフ, 合成速度
, 相対速度, 加速度, -グラフ, 等速直線運動, 等加速度直線運動, 等高校物理基礎の勉強法のわからないを5分で解決。トライイットの高校物理基礎の勉強法の映像授業ページです。
トライイットは。実力派講師陣による永久0円の映像授業サービスです。更に
。スマホを振るトライイットすることにより「わからない」をなくすことが

物理基礎?物理。『物理基礎』 物体の運動と様々なエネルギーに関わり。理科の見方?考え方を
働かせ。見通しをもって観察。実験を行うこと

間違えていたらごめんなさい。答えは「」でかこっておきます。ア重力mgは下降する向きと同じ向き に働くので、重力がする仕事は mg×h=「mgh」イばねがhだけ縮んでいるため、 弾性力による位置エネルギーkh2/2 を蓄えているので、自然長に戻る際 このエネルギー分だけばねは仕事 をするので、その大きさは 「kh2/2」ウ速さvで運動している質量mの物体 はmv2/2の運動エネルギーを持って いるので、停止させるには同じだ けの仕事を運動の向きと逆向きに すればいいので、「?mv2/2」エ「mgh」オ重力による位置エネルギーmghと 運動エネルギーmv2/2が同じであれ ばよいので、mgh=mv2/2を解いて v=「√2gh」カ求めるばね定数をkとすると 重力による位置エネルギーmghと 弾性力による位置エネルギーkh2/2 が同じであればよいから、 mgh=kh2/2を解いて k=「2mg/h」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です