Untitled キリスト磔たのローマ帝国の兵士なのどう

Posted on

無実のキリストを実際に磔刑にしたのは、ローマ人。キリスト磔たのローマ帝国の兵士なのどうてユダヤ人のせいされてるんか Untitled。てイエスを十字架にかけた人物は,キリスト者なら勿論,聖書を読んだことので
官僚的性格のためユダヤ人の反感を買い,暴動によってローマに送還された 人物,
彼はイエスもし皇帝の紋章を受け入れないなら。彼らを切り倒すと宣言し。
そして兵士たモーセが納めた聖器があると言いふらして多数の人々が,武器
をもって集合しピラトゥスは正当な理由でユダヤ人が,イエスを訴えているとは
思っていなかは,おまえたちがユダヤ人の王と呼んでいるあの人は,どうしたら
よいか」。確認の際によく指摘される項目。ウォーレスの発表した小説『ベン?ハー』は裕福なユダヤ人の青年がかつての
友人のローマ人により無実の罪で投獄され。奴隷船に従事し復讐心を募らせる
かたわらで。イエス?キリストなる人物が交錯し。キリストの教える「愛と許し
」が主人公達を苦難から解放するフィクション。本はアメリカでロングセラー
となり舞台や映画も複数作成されているが。年に公開された本作品は
アカデミー賞部門を登場するだけなのだが???是非。あなた自身の目で
確かめて欲しい。

寄稿イエス?キリストの本当の姿は。しかし紀元年のエルサレム陥落後にローマ帝国が発行したユデア?カプタ硬貨
に刻まれた囚われのユダヤ人男性は。ひげをたくわえている。 ユデア?カプタ
硬貨 画像提供,つい人に話したくなる。このピラト―ポンティウス?ピラトゥスという人物が。ローマ帝国から派遣され
ていたユダヤ総督です。暴動になるほどの激しさに。総督ピラトは騒ぎを鎮め
ようとその要求をのみ。イエス?キリストは十字架刑に処せられる過越の祭り
には。全国からユダヤ人たちが集まるため。混乱などが起こっても対処できる
よう。総督ピラトはローマ兵十字に交差させた木に。手足をくぎなどで
打ちつけ。その木を地中にたてる磔刑の一種で。意外とひんぱんに行われていた
ようです。

パッション。パッション=受難ってことで。キリストが磔刑されるまでの時間を描いた映画
。/は拷問シーンだから見てて物凄く痛い。けど筋は聖書に沿ってるらしく
ローマ法王も評価したとかメルギブソンは反ユダヤ主義だか…その後。イエス
が連行された場面で様子をうかがっているところを周囲から「イエスの仲間だ」
と言われ。三度否定使徒たちと一緒にいたが。ユダの裏切りによりローマ帝国
の兵士たちがイエスを捕らえにくる。人間はなんて愚かで醜い生き物なのだ
ろう。アメリカの建国でキリスト教の果たした役割。9ローマ総督ピラトによるイエスの磔刑の背景─ユダヤ教社会との断絶
10思いついたとしても実際にはどうしたらよいか考えをめぐらすことは
できない。よしんばいろいろ分派があって。神のことばが論争の場に引き出さ
れ。闘うことも必要なのだ」。 しかし。これは生物学的進化の特徴であり。
ヒトの社会システムの進化と生物学的進化のあいだの類似性が如実に示されて
いるのです。これらのが。兵士あがりのティベリウスはその任期を延長した。
彼に言わ

無実のキリストを実際に磔刑にしたのは、ローマ人。無実のキリストを「十字架にかけて殺せ!」と告発したのが、ユダヤ人。しかし、無実のキリストを磔刑に追い込んだのは、実は、私とあなたを含めた全人類。???あなたも悔い改めて、罪の赦しをいただく必要があります。「イエス?キリストによる救いの知らせ福音」簡単な話で、死刑になるよう告発した人間と、死刑執行人と、どちらが歴史的に重要かということじゃないですか?同じ神を崇拝している者同士でマウントを取るためにです。キリストは実はキリスト教を普及していません!キリスト自身はユダヤ教徒でありユダヤ教の新しい宗派を立ち上げようとした人物です。その結果それまでのユダヤ教の指導者と対立する事から旧来のユダヤ教の信者からは異端視されていました。しかし、キリストの考えに同調する信者が増えると旧来のユダヤ教の人たちには徐々にキリストが目障りになってきたのです。そこで旧来のユダヤ人たちはキリストの権威を失墜させる為にローマの裁判制度にキリストをユダヤ教における嘘つきとして訴えました。当時のユダヤ人社会は古代ローマの支配下にあった旧来のユダヤ人の目論みはキリストが自分の命を惜しんで公的に今後は嘘の教えを控える事を誓約させるのが目的だったとされます。しかし、キリストは自ら死刑を選び、磔になりそれが結果的には後に「命より自身の信仰を選んだ」としてキリスト教徒に強い信仰心を植え付ける事になりキリストの弟子たちはこの件によりキリストの教えをユダヤ教から分離し新しい教義として広めるように活動した事で現在のキリスト教が生まれたとされます。この時のキリストを訴えた事が今でもキリスト教徒からはユダヤ人の犯した罪と考える人がいる背景となっているのかもしれませんねぇ。いきなり喩え話から入りますが…現実には今の日本では起こり得ませんが、『仮に』の話として…ある刑事裁判で、裁判官は実は被告が無罪だと、よぉ~くわかっていた。しかし、裁判員は『被告は有罪で死刑にすべき』と強く主張した。裁判官は立場上、裁判員の意見を無視するのは困難だったが、なんとか無罪にしようと、或いはせめて死刑にはならないようと、努力はした。が、死刑にしないと、国民の中で暴動が起きそうだったのでやむなく死刑にした。その死刑は、通例通り、法務大臣の命令で法務省の役人である刑務官が執行した。…って話が真実だとあなたが思っていたとしたら…『法務省の役人が無実の人の死刑を執行したのに、何故国民や裁判員のせいにしたのか』…って思いますかね…フツーは思いませんよね…刑務官は単に命令を実行しただけですからね。法務大臣でもありませんよね。判決通りに実行しただけですからね。裁判官はどうですかね。裁判官が自分の判断で判決を下せる仕組みになってりゃ、少なくとも裁判官に責任はない、って事にはならんでしょうが、もし裁判官が国民の中に暴動を起こさない事への強い責任を負っていたら、かつ、国民の側に『死刑にするかどうかについての発言権が自分達にはある』と言う意識が強かったら、それは成り立ちませんよね。『キリストを磔にしたのはローマ帝国の兵士なのにどうしてユダヤ人のせいにされてるんですか?』って疑問は、上記のケースで言えば、国民でも裁判員でもなく、裁判官や法務大臣ですらなく、執行する立場にあっただけの刑務官のせいにならないのは何故?、って言っちゃう様なものですよ。それはどう考えても常識的な発想とは思えませんが、どうですかねぇ…御参考念の為ですが、『キリストが磔になったのはユダヤ人のせい』と思うのは、新約聖書の中の四つの福音書を読めば、福音書はそう主張している、って事が誰でもわかる、ってだけで福音書を正しいと思うかどうかは、全く別の話ですよ。そもそも、福音書って、イエスの伝記ですが、一致している訳じゃないです。細かい矛盾だけでなく、例えば、マタイによる福音書は、その冒頭でイエスの血筋を、ヘブライ人の始祖アブラハムからイスラエルの王ダビデを経たものとして描き、イエスの『イスラエルの民の救世主』と言う側面が強調されています。が、例えばルカによる福音書では、途中でイエスから遡って人類最初の男性アダム迄辿っています。福音書の中にも、同じヘブライ人の中でイエスを救世主と認めない者達を強く意識していたり、あるいは人類全体の救世主と言う事に力点を置いたり、と言った違いはある、って事です。熱心なキリスト教徒が福音書をまるごと信じるのは、それは信仰の問題であって、他人がどうこう言う筋合は全くありません。だから、福音書を読んで、イエスの処刑の責任は、総督ピラトではなく当時のヘブライ人の多数派にある、と思うのは完全にその人の自由ですし、聖書を聖書と認める信徒の立場からすれば、むしろそう思わなきゃ何で??、です。勿論、自分がイエス処刑の責任は古代ヘブライ人の多数派にある、と思うから、その子孫である現代のユダヤ人を差別?迫害するのは正当である、と思ったら、それは全く別の問題になりますけどね…が、非キリスト教徒やキリスト教徒であっても聖書の研究者にとっては、福音書は初期キリスト教徒の信仰の表明であって、必ずしも史実とは限りません。新約聖書から確実に言える事は、ヘブライ人の中でもイエスを救世主と考えた人達とそうでない人達がいただろう、って事です。そうした対立がなけりゃ、例えばマタイによる福音書はああはなりらんでしょうからね。だから、救世主と考えなかったヘブライ人からしたら、イエスが偽預言者として民衆を惑わせるものに見えただろう、これもまず疑えません。が、総督ピラトがホントにイエスをなんとか罰さない様に、せめて死刑にしない様に努力したか、それは福音書以外には史料はないです。なので、『イエス処刑の主たる責任はユダヤ人にある』と言うのは、聖書を聖書と認めるつまり、事実が書いてあると言う立場の人達にとっての話であって、聖書は信仰の表明に過ぎない、と言う立場からすれば、イエスを偽預言者と考えたヘブライ人もいたのだろう、って言うのは、福音書を信仰の表明として読んだって誰にとってもそうなりますが、総督ピラトがイエスを無罪にしようと努力したかどうかは、聖書を信仰の表明と思って読む立場からは、わからん、って事でしかないです。その一方で、福音書がローマを忖度して”悪く描かなかった”のだ、なんて言うのも、史実を知る為の資料としての価値が乏しいとされているつまり、それからは史実はわからない、とされている史料を想像でこねくると、何故かその人には史実がわかってしまうと御本人的には思えちゃうらしい、日本の古代史で言えば、関祐二的な発想ですけどね。だいたい、ローマ帝国を忖度していたら、皇帝崇拝を含むローマ帝国の国家祭祀を真っ向から否定する、唯一神信仰を主張する事自体、あり得ません仮にイエスが当時のヘブライ人の多数派から激しく非難され、処刑を要求する声が強かったなら、総督ピラトは、自分の担当地域では騒ぎを起こさない事を一義的に考えなきゃならないその立場からして、イエスを処刑する判断を下しても別に不思議でもなんでもない、とは言えますが、だからといって、ピラト個人がイエスに罪があると思ったかどうか、とか、何とか処刑を避けようと努力したか、それは全く別の話です。まして、『ピラトが、「あなたたちの王をわたしが十字架につけるのか」と言うと、祭司長たちは、「わたしたちには、皇帝のほかに王はありません」と答えた。』《はず》がない、なんて多少古代史を知ってりゃ、まず思い付きもしません。当時のヘブライ人からしたら、好む?好まないに拘らず、ローマ帝国の支配下にあり、心の奥底は別として、ローマ皇帝以外に王はない、と言うのは当たり前ですからね。つまり、総督ピラトが何を考えてどんな行動をしたのか、と言うのはわからないし、『福音書が、実際よりも、ヘブライ人の多数派をより”ひどい悪人”に描いているかどうか』、聖書を信仰の表明として読む立場からは《わからない》って事です。『ローマ人やヘブライ人多数派を実態よりもひどい悪人にしちゃったと自分は思う。そうだと思って読むと、確かに、ひどい悪人にしている、と解釈できる』じゃ、歴史の議論じゃなくて、客観的には『自分の頭の中で思い付いた事を自分で納得しているだけ』に過ぎません。あらかじめ、自分が好む《結論》が決まっている人達に良く見られるパターンですね…そう言う人って、エラク細かい事迄《自分はわかっている》って主張出来ちゃうんですよね…ピラトについては、聖書以外の史料からわかるのは、ヘブライ人のナショナリズムの様なものは抑え込もうとしていた、ってぐらいです。立場からして、当たり前ではありますが…だから、イエスがヘブライ人の反抗の核になりうる、と思ったら、処刑したとしてもおかしくはないです。ただ、イエスをそこまで危険視したかどうか、それは不明です。ローマで布教していたローマへの気遣い媚諂いから、キリスト教はイエス殺しの罪を憎しみ合っていたユダヤ人になすりつけたのです。聖書が書かれたとき、ユダヤ教とキリスト教は激しく対立し、相互に憎悪がありました。新約聖書では反ユダヤ主義がります、ユダヤ人を思わせるユダという人物がイエスを裏切ったと言うことになっていますが、●ユダの裏切りという話は、イエス殺しの罪をユダヤ人を連想させるユダという人物に押し付けるために、創作された可能性は高いです。イスカリオテのユダが実在した証拠はありません。従ってユダがイエスを裏切りった話も、イエス殺しの罪ををユダヤ人に擦りつけるための作り話でしよう。このユダヤ民族を思わせる名前からして、作為の匂いがします。このユダヤ民族を思わせる名前のユダはキリスト教社会では反ユダヤ主義、ユダヤ人迫害の象徴のような存在でした。イエス物語のクライマックスで劇的な場面が、何故7つの真正パウロ書に名が出て来ないのでしょう。罪にうるさいパウロが一言も触れていない。十二使徒も、12子宮や、イスラエル十二部族からつくられたものでしょうし、ユダはその中でもイエスに最も近いというのもそれほど見当違いではないでしょう 。しかし、こうした神学的要素は逆に福音書のイデオロギー性を強調するもので、実在性を疑わせます。ユダの人つまり当時のイスラエル民族を象徴した人物ということにもなる.いかにも神学的です。福音書の「その部分=イエスの処刑」が書かれた目的は「客観的真実の表明」ではなく「イエスの極刑への弁明」と「ローマへの気使い?媚びへつらい」であるとすれば、逆にローマ帝国への反逆にあたる何かがあったのかもしれません。キリスト教徒はローマでの布教のためイエス殺しの罪をユダヤ人に擦り付けたのでしょう。キリスト教団はイエス殺しの罪を、ローマに媚びへつらうため、ユダヤ人に擦りつけ、冤罪で2000年の間苦しめてきた罪は、福音作者と、それを無批判に信じて反ユダヤ主義を増長させたキリスト教徒にあります。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー福音書の記事は信憑性がありません。福音書ではおおむね、ピラトを「イエスに同情的だったが、ユダヤ人の圧力に負けて、やむをえず死刑にした」と描きます。だが、聖書の記述とは反対にピラトは非常に残酷な人物でした。ピラトの時代、パレスチナは非常に混乱していて、フィロンの語るところによれば総督は「汚職体質、暴力、窃盗、強盗、権力の乱用、しばしば裁判なしの囚人の処刑、限りない残忍さ」ガイウス302で特徴づけられるようです。ヨセフスによっても、「ピラトは聖書に書かれた人物とは真逆な性格で相当に冷酷で残忍な人物だったようです。{ヨセフスの『ユダヤ古代誌』18巻}フィロンに言わせれば「彼は融通のきかない性格で、とても頑固なばかりか無慈悲でもあった」〔フィロン「ガイウスへの弁明書」38章301節〕そして、十字架刑はローマへの反逆者に用いられる処刑法です。ーーーーーーーーーーーーイエスは反逆者としてローマによって処刑されたのでしょう。しかし、それではローマ布教に都合がよくなかったのでしょう。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー聖書はユダヤ人にイエス殺しの罪を擦り付け、ローマの権力には従属した記事が多い。ユダヤ人に対し聖書は悪魔から生まれたと言っている。ヨハネの福音8章 44節」あなたがたは自分の父、すなわち、悪魔から出てきた者であって、その父の欲望どおりを行おうと思っている。彼は初めから、人殺しであって、真理に立つ者ではない。彼のうちには真理がないからである。彼が偽りを言うとき、いつも自分の本音をはいているのである。彼は偽り者であり、偽りの父であるからだ。マタイによる福音書27:25「その血の責任は、われわれとわれわれの子孫の上にかかってもよい」ーーーーーーーーーーーーーーーーーローマ帝国の権威への媚ローマ書 13:1 人はみな、上に立つ権威に従うべきです。神によら . 神によらない権威はなく、存在している権威はすべて、神によって立てられたものです。2したがって、権威に逆らっている人は、神の定めにそむいているのです。●王や貴族にはこびへつらい第一ペテロ書2/13~17主のために、すべて人間の立てた制度に従いなさい。それが、統治者としての皇帝であろうと、あるいは、悪を行う者を処罰し、善を行う者をほめるために、皇帝が派遣した総督であろうと、服従しなさい。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー4世紀以降キリスト教会は神殺しの民としてユダヤ人の迫害を繰り返してきました。キリスト教がローマの国教となるとユダヤ教会には「セクタ?ネファリア」邪悪な宗派という刻印が押された。キリスト教会の主張に従ってビザンチン帝国は次々と反ユダヤ法を制定したのです。ユダヤ人嫌悪はキリストを十字架にかけた人々の子孫を世に残すことは神意に反するとして正当化されたのです。十、十一世紀になるとキリスト教神学に基づく戦闘的理念を形成し始めると教会が培ってきた反ユダヤ主義は現実的迫害に転化し始めたのです。、千九十六年十字軍はイスラム教に対する敵意だけでなく、最初から「キリストの殺害者ユダヤ人に対する「復讐」を誓っていたのです。ルーアンでユダヤ人を襲撃した十字軍は次々とユダヤ人コミニィティーを襲い、虐殺と略奪を重ね、生き残ったユダヤ人に改宗を強要しました。数万人の規模で殺戮されたようです。このころからキリスト教はユダヤ人に「血の中傷=ユダヤ人は過ぎ越しの祭りの犠牲にキリスト教徒の子供の血をすする」」と「聖体冒涜の中傷=ユダヤ人が教 会から盗み出した聖体のパンを拷問にかけている」という非難をユダヤ人に浴びせかけるようになりました。こうした嫌疑をかけられたユダヤ人は火あぶりにな りました。ゲットーに閉じ込めユダヤの星をつけさせたのはナチスが初めではありません。一二一五年第四ラテラノ公会議で、ユダヤ人とキリスト教徒の性行を禁止するため、ユダヤ人は自分がユダヤ人であることを示さなくてはならないと定められた。この決定に従って「恥辱のバッチ」の制度が始まった、一三世紀から一五世紀には宗教的熱狂主義から、しばしばユダヤ人の財産没収と追放が行われた。ドイツでは一斉追放はなかったが絶えずユダヤ人の虐殺は起きていた。●男性も「男性の魔女」ともいうべき形で含まれる。魔女の概念は当時のヨーロッパを覆っていた反ユダヤ主義とも結びつき、「子供を捕まえて食べるかぎ鼻の人物」という魔女像が作られていった。魔女の集会がユダヤ人にとって安息日を意味する「サバト」という名称で呼ばれるようになるのも反ユダヤ主義の産物である?魔女狩りをはじめたのはカトリックだが、、プロテスタント地域、またはプロテスタントの優勢な地域が大半を占め、、凄惨であった。わたしはこのような魔女に何の同情も持たない。私は彼らを皆殺しにしたいと思う。マルティン?ルター●ドイツで『魔女狩り』が苛烈を極めたのは、宗教改革後のプロテスタントによるものである。スコットランドでも、宗教改革前には一人も焚刑にかけられていないという。●処刑が激化したのは、カルヴァン主義の長老派教会の手によるものである。イングランドも、清教徒支配下でピークに達した。魔女狩り』の犠牲者は、30万人から700万人と大きな幅をもった推定がなされている。裁判記録などが残っているのできちんと調べればそこそこの範囲で推定できるはずである。今さら本当の数は公表できないというのが真意なんだろうルターが晩年「ユダヤ人と彼らの嘘」1、 シナゴーグやイェシーバーを、跡形残らず徹底的に焼き払うべし2、更にユダヤ人の所有する家をも打ち壊し、所有者を田舎に住まわせるべし3、宗教書を取り上げるべし4、ラビの伝道を禁じ、従わないようであれば処刑すべし5、ユダヤ人を撲滅するための方途を穏便に実行すべし6、高利貸しを禁じ、金銀を悉く没収し、保管すべし7、ユダヤ人を農奴として働かせるべし第二次世界大戦以降、学問の分野で支配的となった見解[4]は、本論文が宗教改革からホロコーストまでの数世紀において、ユダヤ人に対するドイツ人の態度に少なからぬ影響を与えた、というものであった。また、ナチスのホロコーストでも、ユダヤ人がナチスに虐殺されました。それに手を貸したのはドイツのキリスト教会です。そして、欧米のキリスト教会はその 事実に沈黙したのです。また、このナチスによるホロコーストは、16世紀の宗教改革者マルティン?ルターの書いた反ユダヤ的文献の影響を受けています。ヒトラーがユダヤ人を迫害したのはキリスト教徒たる民衆の支持を得るためでしょうローマ帝国にソンタクせざるを得ない時期に書かれたからだよ。西暦70年にエルサレムはローマ帝国軍に殲滅され、エルサレムの住人は皆殺しになり僅かに残った者も散らされた。ユダヤ戦争福音書が書かれたのはその直後かその世代が生きている時期。だからローマ帝国を悪く言うことなど恐ろしくて出来はしなかった。逆にユダヤ教徒のことをキリスト教徒は嫌いだったから悪しざまに書いたということ。こんなこと↓をユダヤ人がーーそれも祭司長というユダヤ人の精神的指導者がーー言うわけは無いのだ。↓『ピラトが、「あなたたちの王をわたしが十字架につけるのか」と言うと、祭司長たちは、「わたしたちには、皇帝のほかに王はありません」と答えた。』ヨハネ19:15先ず、イエスを裏切ってローマに売り渡した人物がイエスの弟子のユダですユダヤを連想させる名前で、恣意的に造られた話だとも言われてますキリスト教徒が、ユダヤ人を忌み嫌う大きな理由です捉えたイエスの身柄を、一旦ユダヤ人に引き渡してますが、サンヘドリン最高法院による裁判が行われ神を冒涜したとしてイエスに死刑を宣告してますしかし、ユダヤ自治領は実際に死刑にする権限がなかったので、ローマ帝国のピラト総督に対して、イエスはユダヤの王を騙り反乱を扇動した故死刑に処すべきだとして身柄を再戻してますピラトの取り調べに対しても、キリストはユダヤの王だと答え、ピラトは困ります。ユダヤの王位は皇帝の命令で廃止されて居るため、この発言は見逃せないわけですイエスが貼り付けられた十字架には、罪状が書かれてますが、INRIと書かれてますこれは、「ユダヤの王イエス」の略ですユダヤの王だと答えたことが、直接の罪状ですピラトはそれでも死刑を回避しようと、ユダヤの民衆に問います連続強盗殺人犯のバラバとナザレのイエスのどちらかを死刑にするが、どちらが良いか?と民衆に聞いてます当然、バラバと言うだろうと考えていたのですねところがユダヤの民衆は、ナザレのイエスを死刑にしろと喚き立て、暴動が起こりそうになりました。ユダヤ人から見たら、聖書の救世主を騙る偽物に見えたからですユダヤ人を抑えるほど兵力を持っていなかったピラトは、恐れをなし、イエスを処刑するよう命じてます故にユダヤ人のせいで処刑されたと考えますイエスを総督に訴えたユダがユダヤ人だったことと、総督ピラトは処刑を控えるつもりだったが、まわりのユダヤ人たちがイエスの処刑を望んだから、と聞いています。ユダヤの民とはユダヤ教徒であり、イエスは異端者、偽預言者ということで処刑を望んだのでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です